Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたのライフスタイルと旅を3倍充実させるクレジットカード専門サイト

日本で唯一のラディソン(Radisson)ホテルグループ『ラディソンホテル成田』にアメックス・プラチナで宿泊してきました

落合正和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
落合正和
マーケティングコンサルタント・Webメディア評論家 | 2010年よりブログ運営と、ソーシャルメディアマーケティングに注目。日本で初めて、facebook解説のブログを立ち上げ、月間300万PVを達成。以降、ブログとSNSを起点に生計を立てるワークスタイルへ、自らのビジネスモデルをチェンジ。現在は、テレビ、ラジオ、新聞、WEBメディア等での解説、WEBメディアのプロデュース、講演等を中心に活動中。 趣味はホテル滞在(観光はほとんどしないホテル滞在型旅行)と食べ歩き。2018年夏までは超がつくほどの現金主義。ふとしたきっかけからクレカ特典を調べるようになり、一瞬にして転向。メインカードはアメックス・プラチナ。
詳しいプロフィールはこちら

日本人には馴染みの浅いカールソン・レジドール・ホテルズグループ、唯一の国内ホテル『ラディソンホテル成田』に宿泊してきました

カールソン・レジドール・ホテルズグループ。

かつてはラディソン都ホテル東京、ラディソン都ホテル大阪が存在していましたが、現在は『ラディソンホテル成田』のみ。

国内では1店舗しか運営されていない為、あまり日本人には馴染みのないホテルグループかもしれません。

アメックス・プラチナホルダーの方々は、カールソン・レジドール・ホテルズの上級会員資格『Radisson Rewards™Goldエリートステータス』が特典付与されますが、1店舗しかないだけに使い所に困っている人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、世界に目を向けると、1,000店舗をゆうに超える巨大ホテルチェーンなのです。

今回はそんなカールソン・レジドール・ホテルズグループ、唯一の国内ホテル『ラディソンホテル成田』について、お伝えしていこうと思います。

年末年始の宿泊に、海外旅行の前後泊、仕事での利用まで『ラディソンホテル成田』、実は私の常宿なのでした

そうなんです。

この『ラディソンホテル成田』ですが、我が家からクルマで約1時間、成田空港にも近くとても便利な為、常宿として利用しています。

毎年、年末年始は家族で泊まっており(この時期くらい家事をしたくない!ということで、家からも程近いこのホテルに泊まることが行事となった)この宿で「笑ってはいけないシリーズ」を観て、年を越しています。

海外旅行に行く際は、前泊、後泊に利用することも。

また、仕事に煮詰まった時はこのホテルでカンヅメになるなど、まさにフル活用しているホテルです。

それだけ沢山利用していただけに、「なぜ、もっと早くアメックス・プラチナホルダーにならなかったのか!」と後悔しています。今回の宿泊でも、アメックス・プラチナ特典でバッチリアップグレードしてもらいました。

クルマで楽々とラディソンホテル成田到着、広い駐車場に停めて、フロントでチェックイン〜アップグレード&レイトチェックアウトいただきました!

こちらのホテルに来る時は、いつもクルマ。

実はこの『ラディソンホテル成田』、東京ドーム2.5倍の広大な敷地に加え、テニスコートやプール、野球場まで備えた、全490室の巨大リゾートホテルです。

駐車場も、もちろん広く作られており、年末年始の宿泊でも問題なく駐車することが可能。毎度安心してクルマで訪れています。

ホテルの外観はこんな感じ。1978年オープンの割に古さを感じないホテルでもあります。

玄関前のクルマ寄せには、定期的に成田空港とホテルを結ぶ無料バスが発着しています。

正面玄関を入るとまず驚くのは、いつ行っても制服を着たままのキャビンアテンダントさん、パイロットさんがたくさんいらっしゃること。

成田空港に近いホテルと言えど、ここまで沢山の航空会社系の方々が宿泊されているホテルは見かけません。

はじめて来た時は、『一般客なんて存在しないのでは??』とまで思いました。そして日本人の数もまばら。国際色豊かなホテルでう。国内にいながら海外にいるような、ちょっと変わった非日常感が味わえるのもこのホテルの楽しみのひとつです。

私がいつも楽しみにしているホテル1階のスポーツバー『スーパースターズ』でも、日本人を見かけたことがありません。ウェルカムドリンクはここで楽しみます。

ホテルの玄関をくぐると、正面には「ビスタラウンジ」右手にはコンビニ、左手にはフロントがあります。

ちょっと距離はありますが、この奥がフロントです。朝、昼問わず、定期的にキャビンアテンダントさん、パイロットさんでごった返します。空港行きの無料バスが到着すると、ホテルマンの方々がひとりひとり丁寧に声がけをして案内する姿が印象的です。

これまで何度も利用して、慣れ親しんできた『ラディソンホテル成田』ではありますが、今回は初めてアメックス・プラチナの特典、カールソン・レジドール・ホテルズの上級会員資格『Radisson Rewards™Goldエリートステータス』を使用しての宿泊になります。

どのような対応になるか楽しみです。

カードキーを入れるケースも、Radisson Rewardsのものになっていました

まずフロントで第一声!

これまで何度宿泊しても言われたことの無いセリフが飛んできました!

『いつもご宿泊いただきありがとうございます。』

うん。いつも泊まってる。でもこんなセリフはじめて聞いた。。。

アメックス・プラチナ(Radisson Rewards™Goldエリートステータス)ってすごいなぁと感じます。

そして立て続けに、

『今回、デラックスルームから、ビジネスクラスルームにアップグレードさせていただきます。』

来た!これが特典の醍醐味です。

ちなみに、Radisson Rewards™Goldエリートステータスの特典は以下の通り。

  • 無料アップグレード
  • アーリーチェックインおよびレイトチェックアウト (空室状況による)
  • 飲食15%割引

朝食券とウェルカムドリンクチケットをいただき、そのまま14時までのレイトチェクアウトを依頼(もちろん承認いただき)、客室へ向かいます。

客室に向かうエレベーターも日本人は私のみ!

ラディソンホテル成田の客室はこちら!今回は『デラックスルーム』から『ビジネスクラスルーム』にアップグレードにて宿泊!

それでは客室『ビジネスクラスルーム』をご紹介していきましょう。

さすが成田空港近くのホテルだけあり、その名前とデザインも飛行機を連想させる雰囲気。

客室の扉からいい感じです。

はっきりいってホテルそのものに高級感は感じません。でも至る所にこういった好きになれるポイントがあるのが、このホテルの良いところ。

早速室内に入ります。

入ってすぐに感じたのが、「あっベッドが違う!」ということ。ちなみにこちらは過去に宿泊したツーベッドのスーペリアルームの写真です。

ベッドや照明、調度品が少しだけ豪華に。

そして、アップグレード前に予約していたデラックスルームに比べると、部屋の広さは25㎡から30㎡に大きくなっていました。

デスクも広くてとても使いやすいもの。パソコンを広げても、この通り十分に余裕があります。日中は窓から光もよく入り、気持ちよく過ごすことができました。仕事づかいにも良い部屋ですね。

デスクの上にはこんな心づかいも。

この『何かお手伝いできる事がございましたら〜』という言葉は、アメックス・プラチナを持つようになってから、あちこちで言われるようになりました。

これまではクラブフロアに泊まろうが、スイートルームに泊まろうが言われたことがありません。ホテルはその日の部屋のランクよりも、上級会員を大事にするもんなんですねぇ。

ミックスナッツとオリーブ。これもこのホテルで出されるのは初。上級会員凄い!

デスクの手間には、オットマン付き一人用ソファもあります。仕事に疲れたらここで一服できますね。

この日も実際にこの部屋でYouTube Liveの配信を2時間ほど実施(多くの人にご覧いただきありがとうございます。)疲れ切ってしまい、このソファで葉巻タイム。
※もちろんお部屋は喫煙ルームです

葉巻

この日の主役となった葉巻はラモンアロネス ジガンテス

滞在時葉巻消費本数4本とお財布を痛めながらも、とても心地よい時間になりました。

部屋の設備については、

私がいつも必須ツールと勝手に判断している、消臭スプレーとアイロン、バスローブはしっかり置かれていました。

あまり使わないけどセーフティボックスもあり、セキュリティもバッチリ。

ちなみに写真中央のシルバーの入れ物は、大同電鍋ではなくだいぶ大きなアイスペール。

眺望はこんな感じ。高台に立つホテルの7階なので、見晴らしはとても良いです。ホテルの広い庭も良い感じ。

ただ、夜は真っ暗で何も見えません。ホテルの中庭向きの部屋なら、ラウンジ前のイルミネーションが見えるはず。

ベッドに寝転んで窓の外を見るの図。

少し曇った日であったのは残念ですが、周りに高い建物がなく空が広いので本当に気持ち良いです。

ときどき成田空港から飛び立つ飛行機を見ることもできます。近いからホントでっかい。

その割に音はあんまり気にならないんですよね。

写真を撮り忘れましたが、コーヒーメーカーもカートリッジ式。ティーパックだとあまり飲む気にならないのですが、カートリッジだと面倒も無く、嬉しくなって何杯か飲んでしまいますね。

そして、『ビジネスクラスルーム』には、ちゃんとターンダウンサービスもあります。こう言っては何ですが、この価格帯のホテルでターンダウンはありがたい。必要ない人には、代わりにチョコレートがもらえます。

ラディソンホテル成田 気になる客室の水まわりは?

どんなに素晴らしいお部屋でも、どんなに素晴らしい接客でも、水まわりがダメだと一気にそのホテルの魅力が失われてしまいます。この辺、私は極端にこだわるタイプです。

さて、ラディソンホテル成田の水まわりはいかがでしょうか?

う〜ん…

清掃は本当に徹底されています。しかし…

正直なところ、これまでず〜っとお世話になってきたラディソンホテルだから耐えております。

もしこれが、初めて宿泊するホテルで、このバスタブとトイレの距離シャワーカーテン式だったら、二度と宿泊しないでしょう。気にならない方には問題ないと思いますが、私はこれはダメですね。

繰り返しますが、清掃は本当に行き届いています。

アメニティは Rituals Cosmetics。日本未上陸、オランダ生まれのオーガニックコスメブランドです。

ターンダウンサービスもそうですが、時折高級ホテル風の雰囲気を出してくるのが『ラディソンホテル成田』の面白さでもあります。センスが良い。

ホテルによっては、使い切りではないボトルタイプのシャンプーやボディソープを設置しているケースもありますが、あれは見知らぬ他人と共有しているように気分になってしまい、私にとってはマイナス点です。

まとめ 〜成田空港、成田山新勝寺に近く、美味しいブッフェと、年末年始のイベント(カウントダウンパーティ・餅つき大会)も楽しい宿です

国内唯一のカールソン・レジドール・ホテルズグループのホテル『ラディソンホテル成田』

成田空港、成田山新勝寺にも近く、本当に便利で常宿として利用させていただいております。

ここは食事は朝、夕ともにブッフェが用意されていますが、味、種類ともに十分の美味しさです。

鮮度の高いサラダバーや、ライブキッチンで焼かれるステーキは、宿泊の楽しみのひとつ

大晦日にはカウントダウンパーティがあり、元旦には餅つき大会も開催されて大変盛り上がります。

各国の人たちが集まるため、大いに盛り上がります!

成田空港が近く、大半の宿泊客がキャビンアテンダントさんや、パイロットなど航空会社の方々ですし、日本人よりも欧米系外国人の宿泊のほうが多く感じますが、とってもアットホームで暖かなホテルです。

私が泊まりに行くと、いつも声をかけてくれるスタッフさんもおり、接客も素晴らしい。

良いホテルですよ!

バス、トイレ別だったら、間違いなく100点を出せるホテルなんですけどねぇ。

それでも大好きなホテルです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
落合正和
マーケティングコンサルタント・Webメディア評論家 | 2010年よりブログ運営と、ソーシャルメディアマーケティングに注目。日本で初めて、facebook解説のブログを立ち上げ、月間300万PVを達成。以降、ブログとSNSを起点に生計を立てるワークスタイルへ、自らのビジネスモデルをチェンジ。現在は、テレビ、ラジオ、新聞、WEBメディア等での解説、WEBメディアのプロデュース、講演等を中心に活動中。 趣味はホテル滞在(観光はほとんどしないホテル滞在型旅行)と食べ歩き。2018年夏までは超がつくほどの現金主義。ふとしたきっかけからクレカ特典を調べるようになり、一瞬にして転向。メインカードはアメックス・プラチナ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© クレカ旅行研究所 , 2018 All Rights Reserved.