Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたのライフスタイルと旅を3倍充実させるクレジットカード専門サイト

アメックス・プラチナ特典・SPGゴールドエリート会員を利用して、『コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション』に宿泊してきました

落合正和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
落合正和
マーケティングコンサルタント・Webメディア評論家 | 2010年よりブログ運営と、ソーシャルメディアマーケティングに注目。日本で初めて、facebook解説のブログを立ち上げ、月間300万PVを達成。以降、ブログとSNSを起点に生計を立てるワークスタイルへ、自らのビジネスモデルをチェンジ。現在は、テレビ、ラジオ、新聞、WEBメディア等での解説、WEBメディアのプロデュース、講演等を中心に活動中。 趣味はホテル滞在(観光はほとんどしないホテル滞在型旅行)と食べ歩き。2018年夏までは超がつくほどの現金主義。ふとしたきっかけからクレカ特典を調べるようになり、一瞬にして転向。メインカードはアメックス・プラチナ。
詳しいプロフィールはこちら

本業の大阪講演に合わせ、今度はコートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションに宿泊してきました

落合です。

本業はWebメディアの専門家として活動しています。→プロフィールはこちら

そんなわけで千葉県に住む私も、数ヶ月に一度は大阪に講演にやってきます。

朝から夜まで、なかなか忙しいので、ホテルライフは唯一の癒し。毎度楽しみにしています。

今回はそんなホテルライフを1分1秒でも長く楽しみたいという想いから、新大阪駅からのアクセスがとても良い、『コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション』に宿泊しました。

もちろんこの日も、アメックス・プラチナ特典・SPGゴールドエリート会員の恩恵をしっかりと受けております。

それではご紹介していきましょう!

アメックス・プラチナのホテルメンバーシップ・SPGゴールドエリート会員特典により、「コートヤードルーム キング」から、「コートヤードルーム ハイフロア キング」にアップグレード

新幹線で東京から新大阪駅へ!

駅から僅か1分…と言うか、もう駅の目の前に鎮座しているホテルですので、便利すぎます。

私も講演の際はプロジェクターを持ち歩くことも少なくないので、この距離感は助かります。

コートヤード・バイ・マリオット新大阪

新大阪駅直結のデッキから見たコートヤード・バイ・マリオット新大阪ホテル

傘を持たない雨の日も、この距離ならなんとかなりそうです。

ホテルに入るとこんな感じ。

コートヤード・バイ・マリオットは、ご存知の通り世界最大のホテルチェーン、マリオット・インターナショナルの運営ブランドのひとつ。グループの中では、中価格帯のホテルブランドになります。

高級感はさほどありませんが、とても洗練されていてオシャレなイメージです。

ホテルラフォーレ新大阪をリブランドし、2015年11月2日にオープンしたばかり。建物も客室も、まだまだ古さを感じません。

フロントを通らないと客室エレベーターに乗れない構造も、セキュリティ上安心できる作りです。(エレベーター内のカードキーシステムはありませんでした。)

エレベーター前にはマリオット・リワードの会員募集パネル

ホテルに入り、予約内容を告げると並んでいる一般のお客さんを横目に、メンバーシップゾーンで優先してチェックインの手続きへ。

フロントで手続きを済ますと、『コートヤードルーム キングから、コートヤードルーム ハイフロア キングにアップグレードさせていただきました』とのお声がけ。ありがとうございます。

そもそも客室の種類が多いホテルでは無いので1ランクのみ上がった感じ。私がもともと予約した部屋とも、インテリアや部屋の広さに大きな違いはなく、高層階で眺望が良くなったぐらいの変化です。それでも嬉しいけどね!

そういえば…

アメックス・プラチナを使うようになってから、どこのホテルでも『他に何かお役に立てることはございませんか?』というようなお声がけをいただくようになりました。大切にして頂いている感あって嬉しいものですね。

早速お部屋に向かいます。

コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションホテルの客室をご紹介!コートヤードルーム ハイフロア キングルーム

客室に向かう廊下はこんな感じ。

フロント周り同様、目立った高級感はありませんが、シンプルで落ち着いたデザイン。うんモダンだ。

良い雰囲気で期待が増します。

客室のドアは重厚感アリ!ここは高級感も感じますね。

それでは室内に。

お部屋の広さは30㎡ではありますが、そこそこ天井も高く、数字以上の広さを感じます。ライトの配置が素敵。

私は暗い部屋があまり好きではないので、この程よい明るさは好みのど真ん中。良い部屋です。

デスクチェアはシェラトン都ホテル大阪と同じかも。たぶんハーマンミラーのイームズアルミニウムチェアじゃないかなぁ。

もちろん座り心地良く、このデスクで1時間ほどパソコン作業をしましたが、なんの違和感もありませんでした。

当然フリーWi-Fiも用意されており、安定して使えましたよ。

ソファはこちら。

オレンジが部屋に良く馴染んでいます。腰掛けてベットに足を放り出すと超快適。

「夜景を見ながら葉巻吸ったら気持ち良いだろうな〜」と、思いましたがここは禁煙室。グッとこらえて烏龍茶飲んでました。

シモンズ製6.5インチポケットコイルベッド。そしてキングサイズ。文句のつけどころがありません。

テレビは32インチだと思います。まぁ見ることはほとんど無いのですが…

最近よくホテルに置かれているフリーのスマートフォン。通話もインターネット利用もOK。外に持ち出して使うこともできます。iPhoneXを使っている私にはモッサリ感があり、イライラして使っていられませんが。。

私の中では、電池が無くなった際の緊急用という感覚。チェックアウトの日を登録しておくと、利用履歴も自動で削除されます。

バゲージラックも、簡易的なものではなく引き出し収納付き。中に入るナイトウェアは巨体(100kg越)の私も容易に包み込むフリーサイズ。これは嬉しい。

ミニバー。一人で宿泊していますが、ミネラルウォーターが二本無料で付いていました。紅茶、珈琲のティーパックあり。今回は利用しませんでした。ポット可愛いよね。

冷蔵庫の中身は少なめ。

クローゼットはちゃんと消臭スプレー、アイロン、アイロン台、ブラシつき。必要なものはちゃんと揃っている。ビジネスホテル以外でも消臭スプレーの設置が増えてきて嬉しいもの。

私は滅多に使いませんが、セーフティボックスもあるので、セキュリティも安心。

そして肝心の眺望。

アップグレードで高層階(14階)になりましたので、そこそこ良い眺望になりました。カップルで泊まる際の雰囲気を求めるにはちょっと足りない感じはありますが、ビジネスの出張なら十分満足です。

駅を行き交う人々を眺めていると飽きることもありません。

朝食はルームサービスを頼んでみました!山盛りのサラダ、熱々のパンは美味しかったです。

朝食はルームサービスを頼みました。

朝の7:30に依頼したのですが、1分とズレることなく定刻にドアをノックされました。

接客も完璧。『他に何かお役に立てることはございませんか?』もアリ。

パンは熱々で、サラダは山盛り。ジャムは4つもついている。珈琲は浅煎りで少し酸味のあるタイプ。

たしかこれで1,700円くらいだったと記憶していますが、満足いく内容でした。

朝はオレンジジュースが飲みたくなりますね。

バス・トイレ清潔感もバッチリ!のコートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションの水まわり

比較的ホテル利用の多い私。

やはり宿泊時に一番気になるのは水まわりです。ここはかなり厳しく見ています。

どんなに素晴らしい部屋でも、どんなに素晴らしい接客だったとしてもも、バス、トイレなどの水まわりに不満があると、二度と泊まりたくなくなります。

コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションの水まわりはどうなのか?

見ていきましょう。

まずは洗面台とトイレから。

清潔感はまったく問題なし。不快な匂いもなし。広さもそこそこあります。

水まわりにはとてつもなく厳しい私でも合格点。バストイレ別が理想ではありますが、このレベルなら問題なし。

でもタオルの置き場がちょっと嫌だなぁ。

バスでありがたかったのが、シャワーカーテンではなくガラスの仕切りだったこと。

ちょっぴり潔癖症のケがある私は、シャワーカーテンが苦手です。シャワー中にペトッと背中にくっついたりした日にゃ、「おるぁ!」と叫びながら引き千切ってしまいかねません。

磨き込まれたガラスは良いですね。実際にシャワー時も気持ちよく使えました。

アメニティはこちら。ちゃんとボックスの中に入っています。ブランドは「NIRVAE」マリオットのオリジナルブランドです。

シャンプー、トリートメント、ボディシャンプーはボトルタイプ。これがちょっと嫌。

しかしながら、水まわり全般の総合点としては満足いく内容でした。

私が厳しすぎるんです。普通の人なら100点って言うと思いますけどね。

 

まとめ

ご覧の通り、とても良い客室を堪能させていただきました。

夕食は外部でとったので、レストランを試すことができなかったのが心残りではありますが、全てにおいて高いレベルにあるホテルだと感じています。

このホテルが1室3万円弱で提供されちゃうんだから、日本のホテルって安いよな〜と感じます。

まとめます。

コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション、コートヤードルーム ハイフロア キングの宿泊は…

  • アメックス・プラチナのSPGゴールドエリート特典により客室1ランクアップグレード
  • モダンなデザインで清潔感溢れる客室、必要十分な眺望、夜景を堪能できる
  • 水まわりも清潔!バスはシャワーカーテンではなくガラスの仕切りは嬉しい

価値が価格を上回る、素晴らしいホテルでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
落合正和
マーケティングコンサルタント・Webメディア評論家 | 2010年よりブログ運営と、ソーシャルメディアマーケティングに注目。日本で初めて、facebook解説のブログを立ち上げ、月間300万PVを達成。以降、ブログとSNSを起点に生計を立てるワークスタイルへ、自らのビジネスモデルをチェンジ。現在は、テレビ、ラジオ、新聞、WEBメディア等での解説、WEBメディアのプロデュース、講演等を中心に活動中。 趣味はホテル滞在(観光はほとんどしないホテル滞在型旅行)と食べ歩き。2018年夏までは超がつくほどの現金主義。ふとしたきっかけからクレカ特典を調べるようになり、一瞬にして転向。メインカードはアメックス・プラチナ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© クレカ旅行研究所 , 2018 All Rights Reserved.