Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたのライフスタイルと旅を3倍充実させるクレジットカード専門サイト

アメックスプラチナのホテル・メンバーシップ上級会員特典を使って、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズに宿泊してきました!

落合正和
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
落合正和
マーケティングコンサルタント・Webメディア評論家 | 2010年よりブログ運営と、ソーシャルメディアマーケティングに注目。日本で初めて、facebook解説のブログを立ち上げ、月間300万PVを達成。以降、ブログとSNSを起点に生計を立てるワークスタイルへ、自らのビジネスモデルをチェンジ。現在は、テレビ、ラジオ、新聞、WEBメディア等での解説、WEBメディアのプロデュース、講演等を中心に活動中。 趣味はホテル滞在(観光はほとんどしないホテル滞在型旅行)と食べ歩き。2018年夏までは超がつくほどの現金主義。ふとしたきっかけからクレカ特典を調べるようになり、一瞬にして転向。メインカードはアメックス・プラチナ。
詳しいプロフィールはこちら

アメックスプラチナ特典・SPGゴールドエリート会員を使って、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズに宿泊

先日、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードに付与されている、ホテル・メンバーシップ特典(ホテル上級資格)を使って、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズに宿泊してきました。

とある企業からの講演依頼があり、仕事で横浜に行ったわけですが、千葉に住む私にとって、普段なら横浜くらいは日帰りの仕事。しかしながら「せっかくアメプラの特典があるんだし…」と、いうことで宿泊することにしました。

無意味かつ頑なに守り続けていた”超現金主義”から転向したばかりで、アメックス・プラチナ取得直後(と言っても数ヶ月は経っていますが)の私にとって初めての特典仕様。

特典の類を信用しない性格の私。最初は「どうせ大したサービスは無いでしょ!」と、どこか訝しげに思っていたものですが、実際に泊まってみると、「あら!いいじゃない!」と、意見が180度変わりました。

今回はそんな横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの宿泊記をお伝えしようと思います。

ホテル上級会員特典を使用する場合は、アメックス・プラチナコンシェルジュデスクを使うのでは無く、Webサイトから自分で予約を入れる必要があるらしい

ホテルの上級会員特典を利用するのは初めてながら、アメックス・プラチナコンシェルジュデスクはフル活用していた私。

もともと何かを予約する、手配する、といった作業が苦手な私は、お花の手配や、上級会員特典を利用しない宿泊やレストラン予約など、ガンガン使用していました。

東京ドームホテルに宿泊した際は、アメックス・プラチナのステータスが効いたのか、何の特典も無いのにお部屋をアップグレードしてくれた経験も…

まぁそんな感じでいつも通りプラチナコンシェルジュデスクから予約を入れようとしたところ「こちらで予約すると、一般の旅行会社を通じた予約になってしまうため、ホテル上級会員特典サービスの一部が受けられない可能性があります」とのこと。

せっかく宿泊するのだから、全てのサービスを享受したいと思った私。迷わずパソコンを開き、SPG(統合したのでマリオットのドメインの模様)公式サイトにログイン。

※アメックス・プラチナに付帯するホテル上級会員資格は、シャングリ・ラ・ゴールデンサークル、RADISSON REWARDS™、ヒルトン・オナーズ、スターウッド・プリファード・ゲスト(統合によりマリオット・リッツカールトンリワード含)今回は横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズへの宿泊となるため、SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)ゴールド会員を利用することになります。

まずはアメリカン・エキスプレス オンライン・サービスにログインして…

パートナーサイトからホテルを選択!

好みのお部屋を選択して予約完了!

 

と、いった流れで自ら予約を済ませました。

今回予約したのは、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ ラグジュアリーフロアー シングルベット2台 46㎡のお部屋。

日本人らしく、松竹梅があると竹を選んでしまう私の性格が見事反映された形です。

さて、この宿泊がアメックス・プラチナホテル上級会員資格でどのように変化するのか?

楽しみです。

SPGゴールドエリート恐るべし!アップグレードでラグジュアリーフロアーの予約がクラブフロアに!

そして、宿泊当日。

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、横浜駅西口のちょうど正面にあります。

当日は雨が降っていましたが、駅からホテルまでは地下街のジョイナスを通じて繋がっており、まったく濡れることもなく辿り着くことができました。(はじめて行ったかのように書いていますが、レストラン利用は複数回あり、もともと場所は把握していました。)

正面玄関を入ると、大きなお花がお出迎え。

ホテルのフロントはこんな感じ。

SPGゴールドエリート会員は並ぶ場所も異なるようで…

優先的にチェックインカウンターに通していただきました。

しかし、この時は仕事でどっぷり疲れていたので、会員資格やら特典のことやらはすっかり忘れており、早くチェックインしてベッドにダイブしたい想いしかありません。

そんな無欲が良かったのか、無事アップグレードを言い渡されます。

ありがたいことにクラブフロア。

ラグジュアリーフロアー シングルベット2台 46㎡のお部屋

が、

クラブデラックスキング 46㎡のお部屋

にアップグレード。

クラブフロアにはもう1ランク下の、”クラブキング”のお部屋もあるので、事実上2ランクアップですね。これはありがたい。

お部屋をご紹介していきましょう。

フロント脇を抜けるとエレベーターが6台。横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズでは24階以上がクラブフロアとなっています。

私に用意されたお部屋も24階。

フロアに到着するとシェラトンクラブの表記が。

本日のお部屋を発見。

中に入ると広さはそこそこ。L字型のお部屋のせいか、46㎡という数字以上の広さに感じます。

既に夕方ではありましたが、二面の大きな窓から明かりが十分に入ってきます。

部屋の奥から撮ると、このような感じ。

デラックスキングという名の通り、大きなキングベッドは1日の疲れを癒すに十分。出張で宿泊するお部屋としては存分に満足できます。

そして肝心の水回り。私はどんなに部屋が広くても、どんなに素晴らしい調度品が置かれていても、水回りが汚なかったり、バスとトイレの位置が近すぎたりする部屋は一切ダメなタイプなので…

ホッ…

トイレの位置がちょっと気に入らないですが(シャワーブースの手前にもうひとつ仕切りが欲しい)まぁギリギリ許容範囲。

今回使ったのはこのシャワーブースのみ。

バスタブもありましたが、使いませんでした。

バスローブは2つ。

アメニティは他のシェラトン系列ホテルと同様に、『バレード』のクリエーター Ben Gorham 開発の『le grand bain』シリーズ。

今はシェラトン系列はほとんどコレですね。

一人で一泊だけの宿泊でしたが、アメニティは3セット置かれていました。

ボックスの中もいっぱい。こんなに使わないけど、安心感あります。

唯一の不満は眺望。

本来は24階高層階のベイブリッジビューで、素敵な夜景が楽しめるはずが、横浜駅の工事でクレーンビューになっていました。

これはホテルのせいではないけどね。。

この日は仕事もパンパンに詰まっていたので、コーヒーやら紅茶やら、普段は使わないコーヒーメーカーはフル活用。

写真を撮り忘れましたが、デスクとチェアのバランスも良く、とても作業のしやすい環境。

居心地よく仕事もはかどる滞在になりました。

残念!SPGゴールドエリート会員特典により、部屋はクラブラウンジにアップグレードされたものの、クラブラウンジ利用は付帯されず…

SPGゴールドエリートにより、お部屋はクラブフロアにアップグレードされたものの、この場合はクラブラウンジ使用は付帯されません。

残念なことにシェラトンクラブ(クラブラウンジ)で食事やお酒は楽しむことが出来ないのですね。

と、いうことで朝食はルームサービスを頼みました。

コンチネンタルブレックファスト 2100円

普段ホテルの朝食は館内のレストランやラウンジが多いですが、自室でゆっくりとするのも良いですね。

かえって良い時間を過ごせました。

お部屋のアップグレード以外で得られるSPGゴールドエリート特典とは?

SPGゴールドエリート会員は次のような特典を得ることができます。

・滞在ごとに25%のボーナスポイント
・より望ましい客室へのアップグレード
・午後2時までの レイトチェックアウト
・ウェルカムギフトとしてポイントの進呈
・無料の客室内高速インターネットアクセス
・エリート専用予約ライン
・会員限定料金
・完全予約保証
・モバイルキー
・特典除外日なし
・キャッシュ+ポイント
・即座に特典交換
・ポイントセーバー

色々ありますので、また後日詳しく解説したいと思いますが、一番嬉しい特典はなんといってもお部屋のアップグレードですね。今回の滞在では2ランクのアップグレードになりました。

また、今回はレイトチェックアウトも活用させていただき、12:30まで滞在しました。

最大14時までのレイトチェックアウトとなっているので、チェックイン15時〜チェックアウト14時にすれば、一泊で23時間の滞在も可能になります。

ウェルカムギフトは500スターポイントの取得。

今回は会員限定料金での申し込みでしたので、一般の方々より500円ほど安く宿泊しています(あんまり嬉しくない)

客室内高速インターネットアクセスはセキュリティで保護されていない回線の為、やや微妙。。。

とはいえ24階の高層階ということもあり、スマートフォンの通信回線もあまり安定していなかった為、時々使用させていただきました。

十分に特典を活用できた滞在だったと思います。

まとめ

今回は講演会絡みの出張で、たった一日の滞在ではありましたが、アメックスプラチナ特典・SPGゴールドエリート会員を存分に堪能できたと思います。

アメックス・プラチナは年会費130,000円+税(税込140,400円)と、他のクレジットカードに比べて高額だと感じられてしまいがちですが、私は決して高いとは感じておりません。

月額にすれば、税込でも11,700円。

今回の私の横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ滞在のアップグレードによる差額だけでも、1〜2万円くらい価値は悠にあるでしょう。

SPG以外の上級ホテル会員特典や、2 for 1 ダイニング by招待日和に代表されるさまざまな特典、そしてそのステータスを考えると、税込140,400円も十分安く思えます。

今回も短い滞在ではありましたが、アメックス・プラチナのおかげで、とても満足のいくホテルライフになりました。

この記事を書いている人 - WRITER -
落合正和
マーケティングコンサルタント・Webメディア評論家 | 2010年よりブログ運営と、ソーシャルメディアマーケティングに注目。日本で初めて、facebook解説のブログを立ち上げ、月間300万PVを達成。以降、ブログとSNSを起点に生計を立てるワークスタイルへ、自らのビジネスモデルをチェンジ。現在は、テレビ、ラジオ、新聞、WEBメディア等での解説、WEBメディアのプロデュース、講演等を中心に活動中。 趣味はホテル滞在(観光はほとんどしないホテル滞在型旅行)と食べ歩き。2018年夏までは超がつくほどの現金主義。ふとしたきっかけからクレカ特典を調べるようになり、一瞬にして転向。メインカードはアメックス・プラチナ。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© クレカ旅行研究所 , 2018 All Rights Reserved.